受賞のご報告

デザイン心理学研究室所属の博士後期課程院生・向井志緒子さんが昨年9月開催の第20回日本感性工学会大会(@東京大学工学部)にて発表した研究論文『文字の観察や印象評価が生理的・心理的指標に及ぼす影響 -ハンドライティングフォントとデジタルフォントの比較-』(向井志緒子・立野光梨・王茜柳・日比野治雄)が’優秀発表賞’を受賞しました。本年9月開催予定の第21回日本感性工学会大会(@芝浦工業大学豊洲キャンパス)において受賞式が行われます。