学会発表報告(第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会)

博士後期課程の朴京子さん、修士1年の石原聖也さん、望月里穂さんが第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会(7月8日・9日, 慶應義塾大学薬学部芝共立キャンパス)にてポスター発表を行いました。演題は下記の通りです。

朴京子,小山慎一,山下純,望月真弓,日比野治雄:ピクトグラムが一般用医薬品添付文書の誘目性と理解度に与える影響

石原聖也,小山慎一,泉澤恵:光センサーとタブレットPCを用いた店舗用医薬品情報提供装置の試作および評価

望月里穂, 小山慎一, 泉澤恵:子宮頸癌ワクチンに対する専門家・一般消費者のリスク評価の相違

第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会ホームページ:http://www2.convention.co.jp/20jasdi/index.html