学会発表報告 (第20回日本感性工学会大会)

第20回日本感性工学会大会(9月4-6日,東京大学本郷キャンパス)にて博士後期課程の向井志緒子さん、修士2年の望月里穂さんがポスター発表、博士後期課程の朴京子さんが口頭発表を行いました。演題は以下の通りです。

望月里穂, 梯絵利奈, 日比野治雄:植物をモチーフにした家紋の形状が与える印象

向井志緒子, 立野光梨, 王茜柳, 日比野治雄:文字の観察や印象評価が生理的・心理的指標に及ぼす影響-ハンドライティングフォントとデジタルフォントの比較-

Jingzi PIAO, Jun YAMASHITA, Mayumi MOCHIZUKI and Haruo HIBINO: Effects of Pictograms on Patients’ Information Acquisition and Preferences in Package Inserts of Over-the-counter Drugs

学会ホームページ:
https://www.jske.org/taikai/jske20