研究室紹介
About DPU

DPU_web-03

千葉大学大学院工学研究科デザイン科学専攻デザイン心理学研究室
Email: designpsychologyunit[at]me.com
〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1-33千葉大学工学部3号棟
こちらから交通案内をご覧ください

私たちのデザイン心理学研究室は,『デザイン心理学』を標榜する日本で唯一の研究室であり,世界的にも例の少ない研究室です。

心理学は,人間の行動全般を対象とする学問であり,医学・認知科学・哲学といった幅広い領域と関連しています。一方デザインは,広義の人間を対象とし,人間が行動する上で受容するモノ・コトを創造する領域です。つまり,両者とも人間への関心を広く向け研究されている学問領域であるといえます。

私たちは,主にデザインに関わる諸問題を心理学の視点から研究しています。
たとえば,
1. 食品・医薬品パッケージデザイン
2. 消費者の広告の認知や購買行動
3. 色彩の心理学
4. 視覚的不快と光過敏性
5. 屋上緑化に対する心理
6. 鉄道などの路線図のユーザビリティ
などを研究しております。
こちらから詳しい研究紹介をご覧ください

デザイン心理学では,心理学的手法によって検証されたEvidence based Designのようにデザイン価値の向上を示したり,デザインで得られた知見から新たな心理学的知見を生みだしたりすることができると考えられます。

このようにデザイン心理学研究室は,心理学とデザインという2つの学問領域の架け橋となり,一つの学問として新しい価値を生み出す存在となるよう日々研究をおこなっています。