学会発表報告(第18回日本感性工学会大会)

第18回日本感性工学会大会(9月9日~9月11日, 日本女子大学目白キャンパス)にて専攻生の立野 光梨さんがポスター発表, 博士後期課程1年の梯 絵利奈さんが口頭発表を行いました。演題は下記の通りです。

梯絵利奈, 笠松慶子, 日比野治雄, 小山慎一, 佐野貴紀, 中村美緒:アゲハチョウの色彩傾向を用いた多色配色の調和に関する検討

立野光梨, 高山翔矢, 向井志緒子, 秋山佳菜, 日比野治雄, 小山慎一,Norasakkunkit Vinai:おみやげ贈答先の違いが商品選択時の視線に与える影響の日米差

学会ホームページ:
http://www.jske.org/taikai/jske18/

学会発表報告(KEER2016)

博士後期課程1年の梯 絵利奈さんが International Conference on Kansei Engineering and Emotion Research (KEER2016),(8月31日~9月2日, University of Leeds)にて口頭発表を行いました。演題は下記の通りです。

Erina Kakehashi, Keiko Kasamatsu, Keiichi Muramatsu: Proposal for a swallowtail butterflies color scheme collection for CMF design based on Kansei representation

学会ホームページ:
http://www.keer2016.co.uk/

論文掲載報告(パーソナリティ研究)

修士1年の古野真菜実さんとデザイン心理学研究室2016年3月修了の今泉修さん(現東京大学・日本学術振興会特別研究員PD)の論文が「パーソナリティ研究」に掲載されました。「ハスコラ」のような小円の集合体に対する敏感さ(嫌悪感の感じやすさ)を測る心理テストの日本語版を開発しました。

今泉修・古野真菜実・日比野治雄・小山慎一 (2016). 日本語版Trypophobia Questionnaire (TQ-J) の作成. パーソナリティ研究, 25(2), 171-173.

論文はこちらからダウンロードできます(オープンアクセスです):
https://www.jstage.jst.go.jp/article/personality/25/2/25_171/_article

学会発表報告(17th International Multisensory Research Forum)

小山准教授とデザイン心理学研究室2016年3月修了の今泉修さん(現東京大学・日本学術振興会特別研究員PD)が研究成果を17th International Multisensory Research Forum(中国杭州)にて発表いたしました。

Shu Imaizumi, Tomohisa Asai & Shinichi Koyama. (June 15, 2016). Postural modulation by (un)embodied prosthetic arm. 17th International Multisensory Research Forum, T1.3, Garden Hotel, Suzhou, China.

学会ホームページ:
http://www.multisensorylab.com/imrf2016/imrf/index/schedConfs/current

論文掲載報告(Consciousness and Cognition)

小山准教授とデザイン心理学研究室2016年3月修了の今泉修さん(現東京大学・日本学術振興会特別研究員PD)の論文がConsciousness and Cognitionに掲載されました。

Shu Imaizumi, Tomohisa Asai & Shinichi Koyama (2016). Embodied prosthetic arm stabilizes body posture, while unembodied one perturbs it. Consciousness and Cognition, Volume 45, Pages 75-88

論文の詳細:
http://dx.doi.org/10.1016/j.concog.2016.08.019

論文掲載報告(SpringerPlus)

修士1年の古野真菜実さんとデザイン心理学研究室2016年3月修了の今泉修さん(現東京大学・日本学術振興会特別研究員PD)の論文がSpringerPlusに掲載されました。

Shu Imaizumi, Manami Furuno, Haruo Hibino & Shinichi Koyama (2016).Trypophobia is predicted by disgust sensitivity, empathic traits, and visual discomfort. SpringerPlus, 5, 1449

論文はこちらからダウンロードできます(オープンアクセスです)
http://springerplus.springeropen.com/articles/10.1186/s40064-016-3149-6

日本心理学会公開シンポジウム講演のご報告[8月8日(月)]

日比野教授が高校生のための心理学講座シリーズ(千葉大学西千葉キャンパス総合校舎2号館)において「デザイン心理学」というタイトルで講演を行いました。100名以上の高校生・ご父兄および関係者の方々が参加され,好評のうちに終了しました。

パンフレットはこちらからダウンロードできます: http://www.psych.or.jp/event/pdf/2016/koukousei/kanto_2.pdf

学会発表報告(The 31st International Congress of Psychology (ICP2016 Yokohama)

博士前期課程1年の古野 真菜実さん, 博士前期課程2年の高橋 侑里さん,博士後期課程3年(日本学術振興会特別研究員DC2)の向井 志緒子さん,小山慎一准教授,および日比野治雄教授がThe 31st International Congress of Psychology (ICP2016)7月24日〜29日,パシフィコ横浜)にて研究成果を発表いたしました。演題は下記の通りです。

Manami Furuno, Shu Imaizumi, Haruo Hibino and Shinichi Koyama: Trypophobia can be predicted by disgust sensitivity, empathic traits and visual discomfort

Shu Imaizumi, Manami Furuno, Haruo Hibino and Shinichi Koyama: Reliability and validity of the Japanese version of the Trypophobia Questionnaire (TQ-J)

Yuri Takahashi, Shu Imaizumi, Momoko Yamada, Haruo Hibino and Shinichi Koyama: Perceived duration can be shortened by scrambled structure of natural images, but is not affected by their impressions

Shinichi Koyama: Research and educational environment for Japanese neuropsychologists. Symposium “Do neuropsychological case studies belong to the past? Why are case studies majorities in Japan?” Organizer: Akira Midorikawa

Haruo Hibino, Jeongseo Cho, Shinobu Kinugawa, Satoko Murakami, Chieko Nakamura, and Yoshie Hibino: Evidence Based Design with Psychological Methods for Ruled Lines of the Notebook Aiming to Promote Users’ Work Efficiency

ICP2016:
http://www.icp2016.jp/index.html